カナダで食事の悩み

192
photo credit: Duckfat's Poutine via photopin (license)

これまでにも海外で随分と沢山の事を経験させてもらって、大抵の事には対処できると思っていた筈なのに、なかなかそう簡単でもないのだと改めて感じさせられる今日この頃です。

モントリオールにやって来て自分でもちょっと驚いてしまったのが食事の面。こちらでどんなものが食されているのか、それぐらいは分かっていましたけれど、それを毎日食べなくてはいけない事でここまで食欲が減退するなどとは想像もせずにいました。海外生活が長いとは言え、これまでに生活して来たのはいつでもどこでも白米をいただける国。ここにそれがない訳ではないものの、やはりメインとなるのはどうしてもパン食であり、やって来て僅か2週間にしてもう飽きてしまいました。そして味の濃さ。パンに挟まれたものだけでなく、ようやくお米にありつけた際にも、そのおかずの強烈なまでの塩分の多さにはげんなりします。そんなこんなで食事を取るのが億劫になり、しまいには風邪を引いて、熱を出してしまいました。

だから今晩はこの大変貴重な頂き物をひとつ開けてしまおうと思っています。中国での留学仲間が結婚した時に頂戴した引き出物の中にあったもので、アルファ化米を使用している為に長期保存が効き、熱湯でも水でも簡単に調理ができてしまいます。いかにも山ガールである彼女らしい選択です。体の調子もよくないですし、こんな時に「非常食」を頂くのは間違っていないでしょう。

こちらに来る前香港ではほぼ毎日自炊をしていた訳ですので、もちろんモントリオールでもそれをすればいいだけの話なのですけれど、いかんせん我が家にはまだレンジフードが備え付けられていません。その他はコンロも、冷蔵庫も、電子レンジも全て揃えたのですが、レンジフードを取り付ける位置にキャビネットの余計な出っ張りがあり、大家さんに調整をお願いしていてまだ返答を待っている状況なのです。それが無いとやはり料理をするのはどうかと思うので、大家さんには早急に対応をして頂きたいところ。まあ何から何までとにかく時間がかかります。

(本来であれば入居する前の時点でやっておいてもらうべき事が、結局半月が経過した今でもそのままであり、それにより生活に不便を来しているのも事実なので、昨日メールを出して、その弁償として無料でレンジフードを設置してくれるようにお願いしました。どんな返事が来るのかは分かりませんけど)

昨日見ていたYouTubeの動画で誰かが言ってました、どんな困難にだって感謝しなくてはいけないのだと。まあこちらには来たばかりです。これから初めて知る事だってまだまだ沢山あるのでしょう。できる限りは柔軟に対応して行きたいと思います。日々勉強ですね。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA