ケベック州の運転免許を取得する

5187

カナダでは運転免許証に全国統一のフォーマットが無いだけでなく、その発行についても各州それぞれの決まりに基づいています。ここでは特に、日本の運転免許保持者がケベック州の運転免許を取得する(書換)方法についてご紹介します。

取得する理由

日本で取得した国際免許が使用できるカナダでも、移民、留学生、駐在員(とその家族)などを含む長期滞在者が使うには各制限を受けます。

主な制限は以下の3点:

– 国際免許自体の有効期間が短い
– 日本でしか申請できない
– 実質使用できる期間は更に限定的

まず、既に所持している日本の運転免許から国際免許を取得する場合、その申請は在外公館などで受け付けてはおらず、必ず日本国内で済ませる必要があります。有効期限は最大でも取得後1年であり、日本の免許証がそれより先に失効すれば、国際免許も同時に失効します。また、国際免許に更新制度は無く、期限切れの後には再度取得申請の手続をしなくてはいけません。

そして注意すべきは、国際免許の有効期間が1年あっても、カナダで1年間運転できるのではないという事。ケベック州の場合、当地での長期滞在者が国際免許で運転できる期間は最長でも6ヶ月までと決められています。つまり、6ヶ月を超えて引き続きケベック州内で運転したければ、ケベック州発行の運転免許を取得する事が必須になります。

これらの理由に加え、同様に身分証明書の役割を果たすPRカードやメディケアカードには住所の記載が無いのに対して、運転免許証にはその記載がされるため、住所を証明しなくてはいけない際にも使えるというメリットがあります。

免許書換の条件と申請書類の準備

何も無い状態から、当地で試験を受けて免許の発行を受ける事はもちろんできますが、日本の運転免許所持者であれば、そのように面倒な過程を踏まずに書換の申請が可能です。

この際に必要となる書類は以下のとおりです。

パスポート
日本の有効な運転免許証(国際免許不可)
カナダで長期滞在が許可されている事を証明する書類
ケベック州に居住している事を証明する書類
日本の運転免許証の抜粋証明(英語もしくはフランス語)

ケベック州在住ではない、もしくは長期滞在許可が無いなどのケースでは、ケベック州での免許書換の申請は不可になります。

ここでの必要書類のうち、新しく移民して来た人が申請する場合であれば、長期滞在が許可されている事の証明としては COPR と PRカード、ケベック州に居住している事の証明として州の メディケアカード があれば問題ありません。また私はこれらの他に、モントリオールでの住所を証明するものとして家の契約書も一緒に持参しました。

抜粋証明はモントリオールにある日本領事館で発行してもらいます。取得方法の詳細は領事館のウェブサイトをご覧ください。なお、申請から受領まで約3日間を要します。

書換申請手続の流れ

電話で予約を入れる

書換の申請をするには、必ず電話で予約を入れないといけません。

SAAQ (ケベック州自動車保険公社)
ウェブサイトで詳細を確認する

– モントリオール市内から
514 954-7771

– ケベック州内その他の都市から
888 356-6616

場合によりかなり先まで予約が取れない事もあり、ひどい時で2ヶ月近くも待たされたケースもあるそうですので、上記で紹介した申請書類を揃えつつ、前もって予約を入れるようにおすすめします。

SAAQウェブサイトによると、モントリオール以外ではケベックシティ、ガティノー、シェルブルック等の都市でも書換の申請を受理しているそうです。

申請当日

必要書類を持参の上でSAAQのサービスセンターで申請します。しかし免許の書換ができるのはモントリオール市内に1ヶ所のみで、ダウンタウンからは離れた少し辺鄙なところにあります。

1 – まず  オレンジラインの Henri-Bourassa に向かい、そこから 164 (Ouest) もしくは 171 (Ouest) に乗り継ぎ5分程、Henri-Bourassa / Meilleur 下車です。予約が入っている時間帯であれば、そのバス停で降りる人は少なくないので分かりやすいかと思いますが、アプリを活用するなり、運転手さんに尋ねるなりして下さい。バスを降りるとすぐ前方右手にサービスセンターが見えます。

2 – サービスセンターの入口は1ヶ所だけです。入ってすぐに係員の人が居て、何時の予約であるのかを聞かれます。まだ余裕がある場合には、入口左側に椅子が並んでいる場所があり、そこで暫く待つ事になります。

3 – 予約の時間が近づくと、先ほどの係員が入口にあるカウンター前に並ぶように呼びかけますので、促されるままに列を作り、順番が回って来たらカウンターで免許の書換に来た旨を伝え、番号をもらい、先へと進みます。

4 – 先に進むとそこにはまたベンチが並んでいますので、適当に場所を見つけて番号が呼ばれるまで待ちます。なお、番号は電光掲示板で表示されます。

5 – 番号が呼ばれた際に一緒に表示された窓口へと進み、そこで申請書類を提出します。ここでは係員が手続をしている間を利用して幾つかの確認事項、注意事項を読まされるので、簡単に目を通した上で、不明な点があれば確認します。同じ場所で顔写真の撮影があります。

6 – これらを完了すると臨時の免許証となる1枚の紙が即手渡されますので、大切に保管して下さい。プラスチックの免許証は普通郵便で自宅住所に郵送されますが、いつまでに(具体的な日が指定されます)届かなければ電話で再確認するようにとの案内があります。目安としては申請後1週間程です。

以上で書換手続は終了です。最低でも1時間ぐらいはかかると考えておくといいかと思います。

ちなみに、書換をしても日本の免許証を没収されたりする事はありませんのでご安心下さい。

他国免許から書換の場合

日本以外では、下記各国発行の免許保持者の場合に限り、同様に試験無しでの書換が可能です。

オーストリア、ベルギー、フランス、イギリス、ドイツ、韓国、スイス、オランダ、アメリカ、台湾

免許証が英語、若しくはフランス語での表記となっている場合、抜粋証明(免許証の翻訳)を提出する必要はありません。

ケベック発行の運転免許が使える場所

カナダでは州ごとに運転免許を発行していますが、ケベック州で取得した免許があればカナダ全土で運転ができます。

また、国境を越えてアメリカまで運転する場合、若しくはアメリカ国内でレンタカーを借りて運転する場合でも、原則的にはケベック州発行の運転免許証が使えます。

原則的としたのは、ジョージア州では英語表記の免許証である事が求められ、フランス語表記のみであるケベック州の運転免許証所持者が国際免許を持たずに運転すると罰せられる可能性がある、との話が以前あったためです。

Driving to Florida? Here are three things you need to know when you get to Georgia – Global News

この記事を読んで見ると、実際のところ罰せられた人が居るのかどうかはいまいち不明なところですが、その後になって、ケベック州の免許でも問題無くジョージア州で運転できるようになった、との紹介が別記事でされています。

International Driving Permit: State of Georgia follows up on requests from CAA-Quebec – CNW

しかしながら、このような件ではルールに変更があってもその対処方法がすぐには統一されないなどという事は頻繁に起こり得るので、もしジョージア州で運転する予定があれば、やはり前もって国際免許を取得しておくのが得策と言えそうです。↓↓

International Driving Permit
Some countries require you to have an International Driving Permit to drive on their roads. Get yours from one of our Travel Centres.

また、ヨーロッパ諸国に於いても、国際免許が無くても問題無くレンタカーを借りる事ができたという話があれば、国際免許の提示が必須であるという話もあったりと、アルファベットで表記される言語で記載された免許証ならではの情報の混乱があり、この場合も先方での対応の不統一に旅程を左右されないためにも、やはり国際免許を入手しておくに越した事は無いのかと思います。

免許を取得がてら車を買ってしまう

ケベック州での(中古)車の購入については別に書いています。 ↓↓
モントリオールで車を買った

ご興味あればご参考ください。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA