イラン渡航歴がアメリカ入国時にもたらした災い

老鳥

2016年3月、香港からカナダはケベック州モントリオールへ。まだまだ夢を見つつ、同時に新たな困難ともなんとなく格闘しながら2年目に入ったカナダでの日々。この地で経験豊富な方とは違った視点でこそ見えて来る景色を、明日の為にも記録します。

あわせて読みたい

5件のフィードバック

  1. KKK より:

    ブログ、拝見しました。老鳥さんはイラン渡航後の16年にアメリカビザを取得されていますよね?そのアメリカビザを持っていても止められた、ということでしょうか?もしよろしければ教えてください。

    • 老鳥 より:

      その通りです。アメリカビザを取得して以降、これまでに空路と陸路で何度かアメリカに入国をして来ている中で、空路からの入国時には全く問題ありませんでした。しかしながら、I-94が無い状況下で陸路を通って入国した際には、必要以上に長く止められた上で多くの質問を受け、かなりストレスがたまる経験をさせてもらっています。それでも一旦I-94さえパスポートに貼られれば、その有効期間内はもうそのような思いをする事はまずありません。

      • KKK より:

        なるほど!イラン渡航後にアメリカに行く予定なので大変参考になりました。まずは普通にB1,2ビザを取得してみます。ありがとうございました!

        • 老鳥 より:

          ビザさえ取得されれば、空路での入国時にはそう面倒な事は無いのではないかと想像します。スムーズに進むといいですね。イランへもお気をつけて行ってらしてください。

  1. 2017-04-29

    […] イラン渡航歴がアメリカ入国時にもたらした災い […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA