モントリオールの喫煙事情

1256

日本も最近喫煙のマナーに随分うるさくなり(いい事です)、喫煙者が肩身の狭い思いをするようになりましたが、欧米であればさぞかしもっと厳しいだろう、だなんて思っていませんか?

確かに正しいとも言えます。でも実は正しくないとも言えるのです。

吸えない場所

飲食店ではタバコを吸えません。日本では分煙が実施されている場所が多い中、モントリオールに於いては完全禁煙が徹底されています。もちろんここにはバーも含みます。宿泊施設でも同様ですので、どうしてもタバコが吸いたくなったら外に出ましょう。

その他病院、学校、公民館、オフィスなど、公共の場の全てが禁煙となっていて、これらの場所では建物入口の外9メートルの範囲内も禁煙になります。

また、空港も公の場所ですから当然禁煙であり、中には喫煙所すら設置されていません。特に空港で早く中に入ってしまうと、飛行機搭乗後どころか、それを待つまでの時間中も吸えないストレスと格闘しなくてはいけなくなるのでご注意を。日本からトロントやバンクーバーを経由してモントリオールに来る場合、逆にモントリオールから同じルートで日本に帰国する場合、これら経由地の空港でもタバコは吸えません。

そして、こちらにこれから住まわれるという方。家を借りる際にタバコを嫌う家主は少なくありません。室内での喫煙厳禁のルールが定められた物件では、冬の寒い時であっても外に出て吸いましょう。

吸える場所

出典:JT – あなたが気づけばマナーは変わる。

吸えない場所だけに焦点を当てると、喫煙者には厳しい環境のように思えますが、実際にはそうでもありません。元々モントリオールでは喫煙者は決して少ない訳ではなく、至る所でタバコをふかしている人を見かけます。

では具体的にそれがどこかと言うと、建物の外ほぼ全て。ショッピングモールの入口、バーの入口など、人の行き交いが激しい場所にもご丁寧に吸殻入れが設置されていて、そこに人々がたむろしてタバコを吸っている様は頻繁に見られます。

そして歩きタバコ。最近日本の都心などでは既に禁止になっている区域も多いのですが、モントリオールではそれこそ町の風物詩的光景と言ってしまっても過言ではないように感じられます。

しかし、下の数字(詳細はこちらから)を見ても分かるように、実際にはケベック州で喫煙者の数が突出して多いという事は全く無く、例えばオンタリオ州と比較しても2%多い程度に過ぎません。

それでも現実として、そのオンタリオ州の大都市であるトロントで受けた印象としては、やはりモントリオールと比べて外でタバコを吸っている人が少なく、それもあってモントリオールならあちこちで見かける吸殻入れも極端に少ない感じがしました。つまり喫煙者の意識の問題なのではないでしょうか。

「あなたが気づけばマナーは変わる」のだそうです。タバコを吸う人も、周りに流される事無く自らの意思と判断で、いつ、どこで、吸うのかを決めましょう。

値段は高い

出典:Non-Smokers’ Rights Association

ここに記されたのは今年2017年2月時点でのタバコ200本の平均値です(「出典」部分をクリックすると拡大図が見られます)。こうして見るとモントリオールのあるケベック州は断トツで安いのですが、それでも今のレートで換算すれば日本円で7400円程度になります。そう、タバコ1箱が740円。日本なら500円にもなりません。またケベック州では、過去4年間でタバコ1カートンに対して発生する税金はCAD9.20上昇しているそうです。つまり、こちらの喫煙者は日本の喫煙者以上に厳しい状況に置かれていると言えます。

でもたまにコソコソとキャンペーンらしき事をやっていて、突然値段が下がったりします(カナダではタバコの広告は全面的に禁止されています)。今日いつもと同じタバコをカートンで買ったところ、普段より数ドル安く手に入れる事ができました。

そのくせまずい

日本と同じような品揃えがあればいいのですが、モントリオールは日本人スモーカーにとってそんなにいい場所ではありません。銘柄そのものはある程度あるものの、一般の日本人はまず知らないものばかり。おまけにこちらでタバコはディスプレイすらされず、言わないと見せてもらえない事もあり、のんびりと外見から勘を働かせて選ぶなんてのもどこかしづらいのです。仕方無しに、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるが如く、買う度に違うものを適当に選んで試してみても、どれもこれも納得のいかないものばかりです。



それでも吸いたい?

まずいからと言って簡単にやめられるのであれば、カナダに来る前から既にやめています。日本と比べて値段が高いからやめるかと言えば、こればかりは我慢ならぬと他の部分で節約します。大半の喫煙者は恐らくそんなものです、私を含めて。

旅行目的で短期間で来られる方も、移民や留学で長期滞在になる方も、日本を出発する際に空港の免税店で買っておきましょう。カナダに免税で持ち込みができるのは1カートンまで。それを超えると関税がかかりますが、カナダで高いお金を出してまずいタバコを買うよりはマシ、と税金覚悟で多めに持って来る人も居るようです。

免税範囲を超えた場合の税金について、こちらではできればタバコをやめたい、という前提の下で記事を書いているため、わざわざそれを調べて記載する事はしません。ご了承ください。

モントリオールで卒煙したい

日本にはタバコをやめたいと思っている人の為に禁煙外来なるものがありますが、こちらでも同様のサービスが提供されています。

ケベック州住民で、州の公的医療保険に加入していれば、無料の電話サポートを受けられる他、最寄りのCLSC(centre local de services communautaires、地域の医療センター)では、カウンセラーから直接アドバイスを受ける事もできます。その場合は、

↑↑ Quit-Smoking Centre のホームページから予約が可能です。

その他に知っておきたい点

– 値段の高さもあってか、外で時にタバコを1本売ってくれないかと聞かれる事があります。突然人に話しかけれてビックリするかも知れませんが、その大半は別に怪しい人ではありません。もし売りたくなければ素直に断れば大丈夫です。

– タバコを購入する際に、見た目が若く見られる傾向にあるアジア人は、写真付きIDの提示を求められる事も少なくありません。ケベック州では18歳未満の人にタバコを売る事は法律で禁止されています(アルコールを買う場合も同様です)。この年齢制限は州によっても異なりますが、18歳か19歳のどちらかに設定されています(タバコの年齢制限 / 酒類の年齢制限)。

– また、メンソールなどフレーバー付きのタバコの販売については、これが若年層の喫煙を助長するものとして、ケベック州では2016年8月26日を最後に禁止されました。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA