カテゴリー: そうだ ◯◯、行こう。

クック諸島へのいざない

満天の星を眺め、海風のささやきを聴き、ヴィラのデッキで焚いた蚊取り線香に巻かれながら、その全てを邪魔してしまうのが惜しいかのような小さな声で目の前に座る誰かと話し、そして時に沈黙し、時が訪れたならベッドに横になる、それだけの島です。