エアカナダが来夏よりモントリオール・成田間で直行便を就航へ

871

今日リリースされたばかりのニュースで、エアカナダが2018年6月よりモントリオールと成田間に直行便を就航させる事を発表したとの内容がありました。同社のウェブサイトで確認したところ、既に予約の受付も開始されているようです。

日本からモントリオールまで、現時点ではどのルートでも必ず1度は乗り継ぎを挟む必要があり、同じカナダ東部に位置するトロントと比較しても、到着までにはどうしても余計に時間がかかってしまっていますが、直行便が飛ぶようになる事で所要時間が短縮される見込みです。

フライトスケジュール

現在エアカナダより発表されているスケジュールは以下の通りです。

AC005 便
モントリオール発 1405 / 成田着 1550(翌日)

AC006 便
成田発 1730 / モントリオール着 1630(同日)

2018年6月1日モントリオール発の便で初就航となり(成田は翌日6月2日から)、毎日1便が運行されるそうです。

尚、エアカナダがモントリオール発の便でアジアに就航するのは、去年から既に始まっている上海行きに続いて2路線目になります。

所要時間の短縮が見込める

同じエアカナダを利用して東京からモントリオールに行く場合、現在は羽田からトロント、もしくは成田からバンクーバー、カルガリー、トロントのいずれかを経由して、モントリオールへの乗継便を利用する必要があります。

現時点での同社の運行スケジュールから考えられる最も早い乗り継ぎで、羽田からトロント経由のモントリオール行きが14時間32分(成田発の場合14時間42分)、同じルートを逆方向に羽田まで飛ぶと15時間35分かかっています(成田行きの場合15時間50分)。

これが直行便を利用すると、スケジュール上予定されている飛行時間は、成田発モントリオール行きで12時間、モントリオール発成田行きで12時間45分であり、乗継便と比較して往復共に2時間半から3時間程度時間の短縮が見込めるものになっています。合計すれば6時間程度にもなりますので、これはかなり大きなメリットです。

早速 スカイスキャナー でチケットを検索

モントリオールの ホテルの相場 はどれくらい?

乗り継ぎのリスクがなくなる

時間を比較してみただけだと、「たったの2、3時間の違いか」と思われる方も少なくないかも知れません。しかし直行便を利用できる事のメリットは何も時間の短縮だけではありません。

逆に言えば、乗継便を利用するというのは、つまりリスクも増えるというデメリットがある事は忘れてはいけないものです。

日本発の便が遅れて出発した場合、カナダへの到着までもが遅れるのは大いに考えられる事であり、更には経由地で短い時間での乗継便を手配していたともなれば、結局はそのフライトに間に合わない可能性も出て来ます。

特に乗継地点がトロントであると、トロントからモントリオールへは毎日多くの便が飛んでいる事もあって、間に合わないと航空会社に判断されれば、すぐさま次のフライトへと変更されてしまいます。

更には乗継地点でカナダへの入国審査まで済ませなくてはいけない事まで考慮に入れると、現在のように直行便の選択肢が無い場合、どうしても時間的に余裕を持ったスケジュール設定を迫られてしまうのが事実です。

その点直行便であれば、一旦飛行機に乗ればそのままモントリオールまで連れて行ってもらえますので、当然余計な心配事もありません。現地に到着したら入国審査を済ませ、荷物をピックアップしてそのままホテルへと移動。肉体的にも精神的にもよりラクに旅をスタートさせられます。

「乗り継ぎだって悪くないし、できるならついでに別の国にまで足を伸ばしてみたい・・・」

そんな方は是非こちらもご参考ください。

ちょっとおかしなモントリオールへの行き方

モントリオールを経由して更に遠くへ

乗り継ぎのリスクについて長々と書いたばかりですが、それでもどうしても乗り継ぎしないと行けない場所はまだまだ沢山あります。

特にカナダ東部の場合、これまではトロントが乗継地点としてほぼ唯一の選択肢でしたが(日本からバンクーバーやカルガリーまで飛んでも、結局はその後トロントまで移動して改めて乗り継ぐケースが多い為)、モントリオールへの直行便が就航するに従い選択肢が増えるようになります。

元より東部に位置するモントリオールですので、地理的に近い東部のその他各都市へも多くの便が飛んでおり、例としては、日本でも人気のあるプリンスエドワード島の最大の都市シャーロットタウン、カナダ沿海州随一の都会であるハリファックス、また様々な色に彩られた家屋が並ぶセントジョンズなど、そのいずれの目的地へもモントリオールを経由して同日中に到着できるようになります。

これらの都市へと移動する場合、乗り継ぎそのものは避けられないものの、より多くのフライトが世界各地から集中し混雑するトロントと比較すれば、モントリオールではよりスムーズに乗り継げるようになる事も期待できます。

就航まではまだ暫くありますが、今から楽しみに待たれるところです。

コメントを書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA